グリーンバスケットジャパンはなぜ「ジャパン」なのか

屋号として、グリーンバスケットを名乗っておりますが、商号はグリーンバスケットジャパン株式会社になります。

「グリーンバスケット」の由来は、収穫した作物をバスケットいっぱいに詰めて、畑から笑顔で戻ってくる。それを料理してまた笑顔になる。畑に種を播くことは、笑顔の種を播くこと。そんな想いです。

「ジャパン」はオリーブへの熱意です。地中海沿岸が発祥とされるオリーブを日本で育てるということ。「育てて、搾油して、おいしい。」とういうことも大事ですが、グローバルスタンダード(国際的なエクストラヴァージンオイルの規格)を満たしていること、ワールドクラス(海外のコンテストでの評価)であることを重視しております。日本で絞った世界に通用するオリーブオイルを作るという想いを「ジャパン」に込めております。

​〜身土不二〜

身土不二を広義に捉えて、オリーブや西洋野菜を育てております。

グローバルな食生活を送る現代人であっても、日々暮らしている空、土、水で育った食物が身体に合っている考えます。

私が育てている作物は日本古来のものではありませんが、日本の土で育つ同じ野菜です。

雨の少ない時期には辛味が増して、我々に水分を補給するように促してくれます。

夏に旬を迎える野菜は体を冷やしてくれます。冬に旬を迎える野菜は体を温めてくれます。

これらは同じ気候で育った野菜が教えてくれる体へのサインです。

体を想って召し上がる料理の脇に、グリーンバスケットの野菜を添えていただけたら、百姓冥利に尽きます。

Corporate philosophy

天に感謝し、

  地を尊重し、

   人は情熱を。

Office 〒250-0113

         神奈川県南足柄市岩原611

    グリーンバスケットジャパン株式会社

         Tel:0465-57-1940

  (畑に出ている場合は出られません。お急ぎの方は携帯電話090-3592-8891までお電話ください)

​代表取締役 加藤かい

©2023 by Thyme. Proudly created with Wix.com